筋肉を鍛えて代謝アップ!ダイエットにも使える、「自重トレーニング」ってどんなの?

筋肉を鍛えて代謝アップ!ダイエットにも使える、「自重トレーニング」ってどんなの?

ダイエットには、なんだかんだで「運動」が一番効果的なんですよね。

有酸素運動ももちろん効果的ですが、
「筋肉」を鍛えることも重要!
筋肉量を増やすと身体の代謝がアップするので、
太りにくい身体を目指すこともできるんです。
たるみに良い美顔器
筋肉を効率的に鍛えられると人気のトレーニングに
「自重トレーニング」があります。

自重トレーニングとは、その名の通り、自分の体重を利用して
筋肉へ負荷をかけるトレーニングのこと。
両腕で体重を支える「懸垂」をイメージすると分かりやすいかも
しれません。

懸垂はちょっとハード過ぎる…という方も多いでしょうが、
その他にもいろいろなトレーニングがあるので、
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
ダイエットには、腹部や臀部などの大きな筋肉を鍛える
自重トレーニングがおすすめとのことですよ♪

コットンパックを行う際はこんなところに注意しよう!

コットンパックを行う際はこんなところに注意しよう!

コットンパックはいつも使っている化粧水とコットンだけでできる簡単なパック方法ですが、やり方には注意が必要です。
間違えたやり方は、肌に逆効果を与えてしまいます。

まず、コットンパックは長時間行わないようにしましょう。コットンに含ませた化粧水は、時間の経過と共に徐々に乾燥していきます。
コットンが乾燥すると肌の水分も奪われてしまい、保湿のためのパックが逆に乾燥肌の原因となってしまいます。
コットンパックを行う際は、使用する化粧水によって時間を決めましょう。
サラサラタイプの化粧水は2分、しっとりタイプは5分、ジェルタイプは10分が上限です。顔に付けている途中、乾いてきたなと思ったらすぐに外すようにしましょう。
たるみに効く美顔器
化粧水に含まれている成分にも注意が必要です。エタノールやアルコールが含まれている化粧水は乾燥するのが速いので、パックには向きません。
使用する前に、必ず成分表を確認するようにしましょう。

コットンパックに使う化粧水は、必ず使い慣れているものを使用しましょう。新しく使う化粧水や、普段あまり使わない化粧水ですと、思わぬ副作用が出る恐れがあります。

コットンパッティングにはどんなコットンを使えばいい?

コットンパッティングにはどんなコットンを使えばいい?

コットンパッティングは手軽にできる肌の保水ケア方法ですが、使用するコットンは向いているものと向いていないものがあります。
今回は、コットンパッティングにオススメのタイプのコットンをご紹介します。

コットンパッティングは肌に化粧水をまんべんなく塗る必要があります。
厚みのあるコットンは染み込ませるための化粧水の量が多くなってしまいますし、量を間違えると十分に化粧水を塗り込むことができません。
コットンパッティングに使うものは、薄手で浸透しやすいコットンを選ぶようにしましょう。
たるみ美顔器
コットンパッティングで気を付けたいのが、コットンの毛羽立ちです。毛羽立ちをしたコットンでパッティングすると、肌にダメージを与えてしまい、スキンケアのつもりが逆効果となってしまいます。
パッティングに使うコットンは、毛羽立ちしにくいものを選ぶようにしましょう。
また、コットンの元となる綿花の栽培方法にも注目しましょう。肌に直接触れるものなので、無農薬で低刺激のオーガニックコットンが一番オススメです。

激しい運動は美容にとって逆効果?

激しい運動は美容にとって逆効果?

運動は健康だけでなく、美容にも効果的です。体を動かすことでエネルギーを消費することによるダイエット効果、血行促進効果による美肌効果など、運動は美容に欠かせないものです。
しかし、激しい運動は美容に逆効果となってしまうことがあります。その原因に、活性酸素があげられます。
美顔器 たるみ
活性酸素は、外部から侵入してくる細菌から体を守ったり、外部ダメージから細胞を守るための防衛機能です。通常であれば体に欠かせない物質です。
このため、活性酸素は日頃から作られています。人間は呼吸を行い酸素を取り入れますが、このうち2%が活性酸素に変化します。
しかし、激しい運動を行うと呼吸量も増え、比例して作られる活性酸素の量も増えてしまいます。増えすぎた活性酸素は細胞を攻撃し、肌の老化現象を引き起こし美肌の大敵となってしまうのです。
美容のために運動をするのであれば、ウォーキングや水泳など、体に負担の少ない有酸素運動がオススメです。

バスタイム後の背中ニキビのケア方法

バスタイム後の背中ニキビのケア方法

背中ニキビの改善には、入浴後のケアも重要です。今回は、バスタイム後の正しい背中ニキビケア方法をご紹介します。

ニキビは毛穴に詰まった皮脂に雑菌が繁殖して起こるもので、湿気が多い場所では特に菌の活動が活発化し、比例してニキビも発生しやすくなります。
入浴後は濡れた状態なので、しっかりと水気を拭き取る必要があります。湿気が残ったままの状態で放置しておくと、新しいニキビの原因になってしまいます。
ただし、水気を拭き取る際にはタオルでゴシゴシと拭かないように気を付けましょう。タオルと肌の間に起こる摩擦は、背中ニキビを悪化させてしまいます。
美顔器 たるみ
水気を拭き取ったら、化粧水で保水、ボディークリームで保湿をしましょう。
皮脂が原因で起こるニキビですが、入浴後は肌に必要な皮脂まで洗い落ちた状態になっているため、外部からの刺激に弱くなっています。このため、保水と保湿でのケアが必要となります。

ニキビができたときの洗顔方法

ニキビができたときの洗顔方法

ニキビができた肌は、外部の刺激に弱くなっています。しかし、毛穴の汚れや皮脂を残したままにしておくと新しいニキビやニキビを悪化させる原因となります。このため、ニキビができても洗顔は欠かせません。
そこで今回は、ニキビができてしまったときの洗顔方法についてご紹介します。
たるみ 美顔器
まず、顔に余分な汚れが付かないように、手を綺麗に洗い流します。綺麗になった手で顔を素洗いし、洗顔が乗りやすいようにしておきましょう。
次に洗顔料を手に乗せ、しっかりと泡立てます。ぬるま湯を足しながら指先で表面を撫でるようにすると上手く泡立ちます。
きめ細かい泡が中々うまく作れないという場合は、洗顔ネットを使うと便利です。
泡を作ったら、顔に泡を乗せて優しく洗います。ゴシゴシ洗いは厳禁です。
ニキビが酷く痛みがある箇所は、洗顔料で無理に洗う必要はありません。ぬるま湯で丁寧に洗い流すようにしましょう。
最後に泡を綺麗に洗い流した終了です。

背中ニキビに効果的な石鹸の選び方

背中ニキビに効果的な石鹸の選び方

背中ニキビの改善、予防には、毎日のバスタイムでの背中の洗い方が鍵となります。
そこで今回は、背中ニキビ対策のためのオススメの石鹸をご紹介します。

ニキビができる原因として、毛穴の汚れがあげられます。この汚れを吸着して洗い流す成分が配合されている石鹸は、ニキビ予防に高い効果が期待できます。美顔器 たるみ
ただし、肌に刺激の強い吸着成分は避けましょう。

ニキビは菌が繁殖することで起こる炎症です。これを予防、改善するためにオススメなのが、殺菌作用のある石鹸です。
パッケージや成分表を確認しながら、殺菌作用の高い石鹸を選びましょう。

泡立ちの良さも確認しましょう。背中を洗う際は、タオルでゴシゴシ洗うのではなく、泡で優しく洗い流す必要があります。
スクラブなど肌を刺激するものが入っている石鹸は避けましょう。