バスタイム後の背中ニキビのケア方法

バスタイム後の背中ニキビのケア方法

背中ニキビの改善には、入浴後のケアも重要です。今回は、バスタイム後の正しい背中ニキビケア方法をご紹介します。

ニキビは毛穴に詰まった皮脂に雑菌が繁殖して起こるもので、湿気が多い場所では特に菌の活動が活発化し、比例してニキビも発生しやすくなります。
入浴後は濡れた状態なので、しっかりと水気を拭き取る必要があります。湿気が残ったままの状態で放置しておくと、新しいニキビの原因になってしまいます。
ただし、水気を拭き取る際にはタオルでゴシゴシと拭かないように気を付けましょう。タオルと肌の間に起こる摩擦は、背中ニキビを悪化させてしまいます。
美顔器 たるみ
水気を拭き取ったら、化粧水で保水、ボディークリームで保湿をしましょう。
皮脂が原因で起こるニキビですが、入浴後は肌に必要な皮脂まで洗い落ちた状態になっているため、外部からの刺激に弱くなっています。このため、保水と保湿でのケアが必要となります。