コットンパックを行う際はこんなところに注意しよう!

コットンパックを行う際はこんなところに注意しよう!

コットンパックはいつも使っている化粧水とコットンだけでできる簡単なパック方法ですが、やり方には注意が必要です。
間違えたやり方は、肌に逆効果を与えてしまいます。

まず、コットンパックは長時間行わないようにしましょう。コットンに含ませた化粧水は、時間の経過と共に徐々に乾燥していきます。
コットンが乾燥すると肌の水分も奪われてしまい、保湿のためのパックが逆に乾燥肌の原因となってしまいます。
コットンパックを行う際は、使用する化粧水によって時間を決めましょう。
サラサラタイプの化粧水は2分、しっとりタイプは5分、ジェルタイプは10分が上限です。顔に付けている途中、乾いてきたなと思ったらすぐに外すようにしましょう。
たるみに効く美顔器
化粧水に含まれている成分にも注意が必要です。エタノールやアルコールが含まれている化粧水は乾燥するのが速いので、パックには向きません。
使用する前に、必ず成分表を確認するようにしましょう。

コットンパックに使う化粧水は、必ず使い慣れているものを使用しましょう。新しく使う化粧水や、普段あまり使わない化粧水ですと、思わぬ副作用が出る恐れがあります。

コットンパッティングにはどんなコットンを使えばいい?

コットンパッティングにはどんなコットンを使えばいい?

コットンパッティングは手軽にできる肌の保水ケア方法ですが、使用するコットンは向いているものと向いていないものがあります。
今回は、コットンパッティングにオススメのタイプのコットンをご紹介します。

コットンパッティングは肌に化粧水をまんべんなく塗る必要があります。
厚みのあるコットンは染み込ませるための化粧水の量が多くなってしまいますし、量を間違えると十分に化粧水を塗り込むことができません。
コットンパッティングに使うものは、薄手で浸透しやすいコットンを選ぶようにしましょう。
たるみ美顔器
コットンパッティングで気を付けたいのが、コットンの毛羽立ちです。毛羽立ちをしたコットンでパッティングすると、肌にダメージを与えてしまい、スキンケアのつもりが逆効果となってしまいます。
パッティングに使うコットンは、毛羽立ちしにくいものを選ぶようにしましょう。
また、コットンの元となる綿花の栽培方法にも注目しましょう。肌に直接触れるものなので、無農薬で低刺激のオーガニックコットンが一番オススメです。