こんなときは美容オイルの使用は避けよう

美容オイルは美肌効果やメイク落とし、リラックス効果など、幅広い効果と使い方ができます。
しかし、肌状態によってはオイルの使用は逆効果になってしまいます。

まず、肌に傷がある場合は避けましょう。傷にオイルが染み込むと自己治癒能力を阻害してしまい、場合によっては治りが遅くなったり症状悪化に繋がってしまいます。
傷がある部分は刺激しないように気を付けましょう。

敏感肌の方は少しの刺激で肌が過敏反応してしまいます。
オイルによっては肌を刺激してしまうので、肌状態が敏感になっている場合は使用を避けましょう。

ニキビや炎症が起こっている肌も、オイルの使用は避けましょう。
オイルの効果がこれらを改善してくれる場合もありますが、基本的にはニキビや炎症の改善には専用の治療薬を使いましょう。