肌のかゆみ予防のためのバスタイム

意外と肌のかゆみが起こりやすいのがバスタイムです。

入浴時は肌から水分が流れ出してしまい、お風呂上りは自然と肌が水分不足に陥ります。
肌のかゆみ予防には、正しい方法で入浴しましょう。

まずはお湯の温度を見直しましょう。高すぎる温度は肌に刺激を与え、かゆみを引き起こします。温度の目安は40度前後がおすすめです。
また、体を洗うときに使うタオルは、肌に優しい素材のもの使いましょう。かゆみが酷い場合は手で洗うのがおすすめです。
美ルルヒカリプラス 最安値
使用するせっけん類は低刺激のものを選びましょう。よく泡立て、タオルではなく泡で洗うようにしましょう。
ゴシゴシ擦ると大きな刺激となり、肌のかゆみを引き起こします。